パードレエとヒーラーを推薦。

I「経済」の自営業者「生活」のサラリiマン層このような住民構造と議会構造におけるネジレ・逆転現象が「住民自治」を大きくゆがめ、サラリーマン層住民の不満を高めている原因は、自営業者とサラリーマン層では、「望ましい地域社会像」に大きな格差があることによる。すなわち、前者にとって地域社会は、何よりもまず、自分達の営業活動・経済活動の場であるのに、後者にとっては、生活の場、子育ての場、老後を過す場なのである。両者の間には、望ましい地域社会のイメージや行政サービスの優先順位(住民全体の共通の資金である税金等を、どの部門にどういう事業として配布するかの選択の前提となる価値基準)について質的な差異がある。自営業者にとっては、商売繁盛、利潤の拡大が最重要の課題であり、そのために役立つ政策が望ましく、それに比較すると、住宅地の生活環境整備などは、一の次、三の次の関心事である。一方、サラリーマン層にとっては、住宅地まわりの生活環境の安全性、健康性、快適性の確保という、人間が生まれ、育ち、学び、安らぎ、老を養うのにふさわしい諸条件が整っている「まちづくり」や、高齢者等に対するキメ細かい対人サービス行政の充実などが、市政に対する基本的な要求なのである。

ステンレスはその金属組織つい@マルテンサイト規制に関する法律。一九五三年〈昭和二八〉制定。前年の電産の停電ストや炭労の長期ス卜にIS対する措置として立法化されたもので、電気産業における電源ス卜や停電スト、炭鉱業における保安要員の引き揚げを禁止しおり、現在、日本工業規格(ている。当初三年の時限立法と)に制定されているものだして制定されたが、五六年の国会議決によって今日まで存続している。Jて提訴をおこなっためられていないが、労働組合法法律には遠反に対する制裁は定が設置したドライヤー委員に定める刑事免責、民事免責などとの関係で争議行為の正当性I@オステナイト忍小@オステナイトフェライト系、@析出硬化系に分類されているこれらの各系統は用途に応じた組成の違。

経済学が難しいもう一つの理由は、冒頭の社会学者の言うとおり、単純な機械的行動をとらない人間を扱わなくてはならないからである。経済学者は、毎月五○パーセントも物価が上昇するような激しい金融逸脱行為であるハィパーインフレーションはよく理解することができる。私に言わせれば、経済学者がハイパーインフレーションを理解する程度は、気象学者が、スーパーコンピューター上で台風(ハリケーン)をシミュレーションしようとする前に、台風を理解している程度にほぼ等しい。つまり、正確な予報は難しいかもしれないが、台風の原理とおおよその規模は理論によって説明できるのである。しかし、今日の台風は、一○○○年前の台風と同じ原理で動いているが、ハイパーインフレーションは違う。なぜなら、ハイパーインフレーションは、社会が金属貨幣から紙幣へと移行するまでは起こりえなかったことであり、個々のハイパーインフレーションは、政府が歴史から教訓を学ぶこと(正しい教訓とは限らないが)もあって、前のものと少しずつ異なってくるのである。

三井鈴木さんに直接会って話したというのは、先ほどの話に出てくる、債務弁済契約書に署名捺印した、昭和六十一年四月一十一日のことなんでしょう。高橋そうですね。一井それまで、先生のほうから鈴木のほうに電話をしたり、あるいは鈴木のほうから電話がある、あるいは手紙でやり取りする、そういったことはありましたか。高橋記憶にないですね。三井具体的に保証債務の弁済について、どの程度でいいですとか、悪いですとか、あるいはその支払方法について、具体的にどうするこうするという、この債務弁済契約書の主要な部分、これを鈴木さんと会う以前に、鈴木さんからその希望を聞いたり、あるいは先生のほうから鈴木さんに直接意思確認したことがありますか。高橋私の記憶では、山崎さんを通してであって、鈴木さんとは、記憶はあまりないです」ここまで話したあと、高橋はまったく鈴木と話し合っていないと自分の弁護士としての立場が悪くなると考えたようで、三井弁護士の尋問に対して、急につぎのようなことを証言する。